• TOP > > 朗報!! サークル「嘘つき屋」の漫画家・大嘘先生が嘘をつかずに締め切りを守った!!

朗報!! サークル「嘘つき屋」の漫画家・大嘘先生が嘘をつかずに締め切りを守った!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 <モバMAN編集部だより>
 
01
 
 
 
 
漫画家を目指す際、誰もが頭を悩ませるのが「どんなペンネームを名乗るか」という問題。本名そのまんまというワイルドな方から、アナグラムを考える方、母方の旧姓を名乗る方、全然本名と関係ないけど普通の人名を名乗る方、いきなりアメリカンなお名前になっちゃう方、等々、皆さん様々な思案をもとにペンネームを考える訳です。どのようなお名前を名乗るかはもちろん作家さんの自由ですが、作家業とはある意味自分のブランドイメージを高めていくお仕事。若さに任せて後悔するようなキラキラネームを名乗った挙げ句、中途半端に売れちゃった日には、改名しようにも商売上の都合がそれを許さず、担当者に「○○さん!」と呼びかけられるたびに内心殺意を抱く...、なんて事にもなりかねません。私は「うんこ食べ蔵」というペンネームを名乗ろうとしてギリギリで思いとどまった新人さんをリアルに知っていますが、全くもって正しい判断だったと思います。そんなペンネームを名乗った挙げ句、本当の才能がギャグではなく感動的なヒューマンストーリーにあったりした日には、彼はどうするつもりだったのでしょうか?
  まあ、かようにペンネームの決定には様々な思惑が絡み合うのですが、ダントツに突飛なお名前が多いのが同人業界とエロ漫画界。具体例を挙げるとご本人をディスっちゃう事になるのでできませんが「グーグルで検索しても作品やご本人のブログに全くたどり着けないのって、何か得な事あるのか?」って思う事は多々あります。 そんな中、弊誌「モバMAN」でもコミティアでお声がけした突飛なペンネームの、でも絵や内容は大変ステキな作家さんに読切をお願いする事になりました。その名も「サークル嘘つき屋」の大嘘先生。ご覧の通り、大変今風のきれいなカラーイラストを描かれる方です。   img-Y25224839-0001

 大嘘先生の同人誌。ご覧の通り、単行本の表紙買いを大変期待できそうな美麗イラスト。

 

  嘘つき屋 名乗ったり「嘘つき屋」!! 仕事お願いして大丈夫なのか、一瞬躊躇せざるを得ない絶妙のネーミングセンス!!     大嘘先生は某地方都市にお住まいですが、依頼時にはアポを取ってきちんと会っていただきました。大変誠実そうな人柄でまず嘘をつきそうには見えません。こういう場合のセオリーとしてお名前の由来を聞くような事はせず、当面のスケジュールとこちらが提示できる原稿料をお話しして、OKだったのでその場で読切の打ち合わせ。内容も何となくまとまって、めでたくネームに取りかかっていただく事になりました。     1-3 

ネームも読みやすくて誠実な人柄が伝わる。少なくとも大嘘つきの描くネームには見えない。

      1ヶ月後、他のお仕事の合間をぬって執筆してくださったネームが届き、ここまでは順調だったのですが、ふと、不安になってしまいました。   「大嘘なんてペンネームを名乗っている方が、果たして設定した締め切り通りに作画を終わらせてくださるのだろうか!?」と。   実は過去にも、ネームにOKを出してあがったら載せるだけ、という段階になって急に執筆者の方と連絡が取れなくなり、そのまま企画が消滅、などという事が何度もあったのです。納得のいく絵が描けるまで人に見せられないという事なのか、急に仕上げまで丁寧にやるのが面倒になったのか、理由はわかりませんが、「作画が終わったら載せます」と確約しているにもかかわらず行方不明になってしまう新人さんというのは事実存在します。色眼鏡で見るつもりはありませんが、やはり、新人賞からアシスタントを経て叩き上げでネームにOKをもらった人よりも、ある日突然スカウトされた同人作家さんにそういった方が多いようです(もちろん、ビジネスライクにやってるプロの同人作家さんの中には商業作家さん以上にしっかりした人も多数いらっしゃるのですが)。   そんな訳で、設定した締め切りが近づいてくるにつれ、何となく嫌な予感がしていたのですが、都心にお住まいの作家さんと違ってまめにご自宅にお邪魔して様子をうかがう訳にはいきません。往復の新幹線代だけでも大変な金額になってしまうのです。   たまに電話をしつつ、ドキドキしながら待っていたのですが、なんという事でしょう、締め切り1日前に、キッチリ原稿データが届いたのでした!!    03_s

ちゃんとあがりました!! 嘘つきが描いたとは思えない丁寧な仕上げ!(←しつこい)

    いや全く、ここまでキッチリ締切り守ってくれる方が、なぜ「大嘘」なんてペンネームを名乗っているのでしょう!?   サークル「嘘つき屋」の大先生は、少なくとも締切りに関しては嘘つきではなかった!!  そんな訳で無事原稿をいただけた大嘘先生の「LOVE Touch」は、12月6日更新の弊誌「モバMAN」にて掲載いたします。   謎のスマホアプリをダウンロードした男のドキドキの体験とは!? 「モバMAN」で検索して、スマホで読めます!! 皆様、是非ご覧ください!! <モバMAN編集部・有井大志>    

13

    謎のアプリに映し出されたのはあこがれの女の子!! さらに「めくれ!!」とのメッセージが......指示に従った時、何がおこる!?
【2013/12/ 5】

記事ランキング

記事ランキング