• TOP > > マンガ原作者・長崎尚志氏がヒットの極意を伝える創作講座が7月30日開講!! 「本気でマンガ原作者を目指してみないか?」小学館カルチャーライブ!

マンガ原作者・長崎尚志氏がヒットの極意を伝える創作講座が7月30日開講!! 「本気でマンガ原作者を目指してみないか?」小学館カルチャーライブ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

小学館が出版事業で培ってきた多彩な人脈、そして膨大な文化事業を活かしてスタートしたユニークなカルチャースクール「小学館カルチャーライブ!」で、小説家・漫画原作者の長崎尚志氏による講座「本気でマンガ原作者を目指してみないか?」が7月30日(日)に開講されます!!



20170718_culturelive_1.jpg



「ビッグコミックスピリッツ」編集長を経て、作家・マンガ原作者・プロデューサーとして『MASTER キートン』『PLUTO』など数多くの大ヒット作を世に送り出してきた長崎氏が、37年間にわたるマンガ創作最前線での成功体験から導き出した"極意"を余すことなく伝えます!!


マンガ原作者を目指す人はもちろんのこと、マンガ家、編集者、シナリオライター、小説家......明日のヒットメーカーを夢見るすべてのクリエイターに捧げるスペシャルな熱血道場。「長崎道場」の門下生になれるのは、まさに今だけ!! 受講希望者は小学館カルチャーライブ!のWebサイトからいますぐ申込を!!



講座詳細


 開催日時 7/30(日) 13:00 ~ 14:30(全1回)
 受講料 3,000円 (税抜)
 会場 小学館(東京メトロ半蔵門線/都営新宿線/都営三田線「神保町」駅A8出口 直結)


小学館カルチャーライブ!のサイトで受講申込受付中!
(講座開催日の3日前23時まで)



講座の内容(予定)


 ★ マンガ原作者・長崎尚志はいかにして生まれたのか
 ★ 原作とは何か? ストーリーとは何か?
 ★ マンガ原作者の存在理由
 ★ マンガ原作者の資質を知ろう
 ★ 物語とは数式である
 ★ 創作=模倣という現実
 ★ 読者の心が読めるか
 ★ 編集者との付き合い方
 ★ いい編集者、悪い編集者の見極め方
 ★ 「あいうえお」の教訓
 ★ 自分の長所より短所をわきまえよ



講師プロフィール


20170718_culturelive_2.jpg


長崎 尚志


『ビッグコミック』『少年サンデー』『ビッグコミックオリジナル』『ビッグコミックスペリオール』『ビッグコミックスピリッツ』などの編集者・編集長を歴任後、独立。
漫画原作者、プロデューサーとして、『MASTERキートン』『MASTERキートンReマスター』『PLUTO』『BILLY BAT』『クロコーチ』『憂国のラスプーチン』『ディアスポリス』など、数々の大ヒット作を手がける。
また、小説家としても『アルタンタハー 東方見聞録奇譚』『闇の伴走者』『パイルドライバー』など、繊細か
つ大胆なミステリーを紡ぎ続けている。



【2017/07/18】

この記事もおすすめ

記事ランキング

記事ランキング

記事ランキング