• TOP > > 「ジャケ萌え!」3冊目【Design Work of 関善之】『重版出来!』編

「ジャケ萌え!」3冊目【Design Work of 関善之】『重版出来!』編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

jaketmoet_title.png


読むだけじゃない、見て触って嬉しい単行本。なんだかカッコイイ! 可愛い、きれい、オシャレ!そんなグッとくる「マンガの装丁」の魅力をお届けする連載企画が「ジャケ萌え!」です。
装丁を見るだけで内容が気になってしまう、そんなたまらない"見た目"をしたおススメ単行本をピックアップし、見どころや舞台裏などを紹介していきます!



20150607_jacketmoet_1.jpg20150607_jacketmoet_2.jpg


第4回目は前回に引き続き"デザインワーク・オブ・関さん"として、関さんが担当した作品をご紹介します。今回ご紹介するのは松田奈緒子さんの『重版出来!』。営業や宣伝、編集者らマンガの裏方たちの熱い想いを描いた同作は、全ての働く人にエールを送るマンガでもあります。そんなお仕事マンガのジャケット、どう決まったんですか!?


ドキュメント! 装丁が決まるまで~重版出来!編~


[0]ロゴの提案


最初は連載スタートに向けたロゴの提案です。最終的に選ばれたのが判子をドンと押したようなインパクトのある『重版出来!』。この作品の場合、読み方もタイトルのポイントなのでルビの入れ方も複数のパターンを作りました。


20150607_jacketmoet_3.jpg

こちらは採用にはいたらなかったロゴ案。



[1]「これしかない」――提案は一つのみ!


松田さん、編集の山内さんと打ち合わせする前にゲラを読み返しながら、どんな装丁にすればこの物語にぴったりなのか、色々と頭の中で試行錯誤。考え抜いた結果「これしかない!」と浮かんだのがこのメモ書きです。お二人の話を伺いつつ、こちらからも「こんなアイデアを思いつきました
と提案をしていきます。



20150607_jacketmoet_4.jpg

上下のうち、上が決定したアイデア。下に描いてあるのは、4話の扉のように登場人物が踊っているイメージの案でしたが採用にはいたらずでした。


20150607_jacketmoet_5.jpg

4話の扉


20150607_jacketmoet_6.jpg

心ちゃんの色んな動きがかわいいです。
色々なSD心ちゃんを集めて眺めたいです。
アプリ「こころあつめ」を誰か作ってください!


こういったお仕事マンガの場合、本編で出てくるキャラクターの頭身を変えずカバー絵に描くことで、頑張っている姿を素直に伝える方法があると思います。でもポーズをとって「おっしゃ、仕事するぞ!」を表現しているマンガ、すでに何作か出ていますよね(笑)。この作品らしい今までとちょっと違った何か別のアプローチはないかと考えていたところ、SDキャラがいっぱいいてチョコマカと一生懸命働いている姿を描いてみたら「新しいお仕事マンガだよ」と伝わるのでは、とひらめいたんです。実は作中に時おり出てくるミニ黒沢ちゃんがすごく可愛かったのがヒントになっています。



20150607_jacketmoet_7.jpg



[2]装丁案が決まったところで松田先生がイラストラフを描く


松田さんが描いてくださったSDキャラを実際に配置してみて、人数が足りているかどうかをチェックします。足りなかったら「もう1人描いてください」とお願いしたり、ポーズの提案をしたりなど松田さんに漏れなくお願いしておくことがないか、デザイナーサイドでチェックするためですね。


20150607_jacketmoet_8.jpg20150607_jacketmoet_9.jpg20150607_jacketmoet_10.jpg



[3]カバーはおいしそうな色に


1巻はプリン(カステラという話も)、2巻はいちごミルク、3巻はミントチョコ......となんとなくおいしそうに感じてもらえそうな色を選んでいます。ただ、1巻については発売から何カ月か経過してからふと発見したのですが......いつも使っている駅のエスカレーターの注意書きがまさにこの色だったんです。文字のボリュームもなんとなく似ていたりと(笑)1巻はプリンっぽくもあるけれど、ロゴのブラウンがもう少し黒寄りになると"黄色と黒の警告色"のようでもありますよね。記憶の断片が出てきたのかなとビックリしました(笑)


ロゴの色も微妙に変化していて、地の色が暖色の場合はロゴ色を乗算しても問題はないのですが、地が青など寒色の時にはにロゴ色(暖色)が乗ると青+赤で黒に寄ってしまうので抜き合わせにしていますね。


書店でガツンとインパクトを与える『重版出来!』のジャケット。裏方の熱き情熱を描いた作品なのにどこか肩の力が抜ける印象があるのは、ジャケットのせいかもしれません。



単行本データ

『重版出来!』(1~5集 以下続刊)松田奈緒子
[判型]B6判(127×180mm)
[カバー] Nプレミアムステージ ピュアホワイト 157g 4C+特色1C
[編集]山内菜緒子
[デザイナー] 関善之(ボラーレ)



★ジャケ萌えMEMO★
仕事や人生を描いた骨太ドラマの場合、そのジャケットは重厚感や真剣さを見せる傾向にあります。その裏をかくように「おいしそうな色」や「SDキャラ」で見せていたことも、新しい視点のお仕事マンガとして『重版出来!』がヒットした理由の一つかなと思いました。



→「ジャケ萌え!」3冊目【Design Work of 関善之】『機動戦士ガンダム サンダーボルト』編



ジャケ萌え!バックナンバー
「ジャケ萌え!」1冊目『SEIKI -土田世紀 43年、18,000枚の生涯-』【前後編】
「ジャケ萌え!」2冊目『わたしの宇宙』【前後編】
「ジャケ萌え!」3冊目【Design Work of 関善之】『白暮のクロニクル!』編



(ライター:川俣綾加)


フリーライター、福岡出身。デザイン・グラフィック/マンガ・アニメ関連の紙媒体・ウェブ、『マンガナイト』などで活動中。著書に『ビジュアルとキャッチで魅せるPOPの見本帳』、写真集『小雪の怒ってなどいない!!』 http://ayamata.jugem.jp/

【2015/06/ 7】

今すぐ無料で試し読み!

今すぐ無料で試し読み!

重版出来! 1
松田奈緒子

重版出来! 2
松田奈緒子

重版出来! 3
松田奈緒子

重版出来! 4
松田奈緒子

重版出来! 5
松田奈緒子

記事ランキング

記事ランキング