• TOP > > カレー沢薫・輝きかけの人生コラム「薫の小部屋」第28回更新!

カレー沢薫・輝きかけの人生コラム「薫の小部屋」第28回更新!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

kaworunoheya_title.png

今回のテーマは「単行本が出る」です!
6月30日頃発売となる『ヤリへん』第1集についての、ウラ話!?




◆ ◆ ◆




6月30日に、私が「モバMAN」で連載している『ヤリへん』の第1集が発売となる。


この作品は、最初から「単行本化は確約できない」と言われていた。
それは別にイイ。むしろ、「明らかに単行本が出るページ数がたまっているのに、担当から何の話もない。しかし、こちらからは怖くて聞くに聞けん」という状況を終わるまで続けるより、最初から出ないと言われたほうが気が楽だ。


それが単行本化するというのだから、めでたい話なのではあるが、何故か手放しで喜べないのである。


まず何故、単行本化できることになったのかがわからない。WEBコミックでも、DL数がハネたり、話題になれば単行本化するという話は珍しくない。しかし、本作、悪くはないと聞いてはいるが、そこまででもないような気がする。じゃあ、担当が猛プッシュしたかというと、その担当ですら「まさか本当に単行本できるとは」という感じであった。
どう考えても、たまたま責任者の注意力が三歳児級になった瞬間に、通ってしまった話な気がしてならない。つまり、自信とか根拠とか勝算は、度外視で発売されるのである。


「何かの間違いでも、出るなら良いじゃないか」と思われるかもしれないが、漫画作品が続くか打ち切られるかは99%単行本の売り上げで決まる。あとの1%は作家が、お葉っぱ様的なもので捕まるか、関係者内で殺傷事件が起きた時だけだ。
つまり、単行本が出てしまったことにより、逆に作品の死期が早まる可能性があるのである。


そんなことを言うと「出る前に負けること考えるバカいるかよ」と、猪木にビンタを食らいそうだが、その時ばかりは「貴様に何がわかる!」と、右手に今まで単行本売上不振で終わった作品の英霊たちを宿らせ、猪木の首が3回転半するぐらいの猛ビンタをお見舞いしてやるつもりである。


せっかく単行本が生まれるというのに、葬式の話ばかりで恐縮だが、本が売れない作家を何年も続けると、こういう感じになってしまうのだ。そろそろ、お葉っぱ様や、担当殺傷など1%側の理由で作品が終わっても、おかしくない心理状態である。


しかし、売れることを諦めてるかというと全然諦めてないし、むしろ諦められないから苦しいのであるが、何かの間違いで単行本が出るなら、何かの間違いで売れたっておかしくない。
それに「単行本化して嬉しくないのか」と言われると、やはり嬉しい。なにせ、紙になると燃やすことができる。いくら電子書籍が便利と言っても、燃やすことができないという点では、紙に大きく劣る。そして、せっかく燃やせる形になったのに、燃やさないというのは自然の摂理に反する。


よって、6月30日発売の『ヤリへん』第1集を買って、燃やさないのは生き物として不自然である、と皆様も覚えておいて欲しい。



20151220_curry_1.png


お知らせ


来たる「薫の小部屋第30回」は、読者の皆様より、カレー沢さんに書いてもらいたい・読みたいテーマをTwitterにて募り、選んだお題でご執筆いただきます!(応募いただいた中から、編集部とカレー沢さんで選定いたします。)


 ・応募期間は、~6月30日(木)まで。
 ・Twitterにてご応募ください。→ハッシュタグ「#薫の小部屋30テーマ」です!


たくさんのご応募、お待ちしております!



comics_yarihen_1.jpg

『ヤリへん』単行本第1集、6月30日頃発売!



クールなドS可愛い編集者に、転がされたり脱がされたり忙しい官能小説家に巻き起こる、エロ&マッドな原稿争奪バトル『ヤリへん』、モバMANにて華麗に配信中!(第1・3金曜日配信)


モバMAN掲載の読みきり『性少年健全化少女マンガ計画』、『カンノウ小説いただきます』好評配信中!


「週刊スピリッツ」にて、働く猫たちの過酷なモフモフギャグ『猫工船』連載中だニャ?。


『ニコニコはんしょくアクマ』単行本第1~2集、大好評発売中!


連載コラム「薫の小部屋」バックナンバー


【2016/06/27】

今すぐ無料で試し読み!

今すぐ無料で試し読み!

ニコニコはんしょくアクマ 1
カレー沢薫

ニコニコはんしょくアクマ 2
カレー沢薫

記事ランキング

記事ランキング