• TOP > > 【絶賛放送中】祝「黄昏流星群」ドラマ化・この熟女(ひと)を見よ! 第5回「謎の女・生田ひとみ」【木曜22時よりフジテレビ系】#黄昏流星群

【絶賛放送中】祝「黄昏流星群」ドラマ化・この熟女(ひと)を見よ! 第5回「謎の女・生田ひとみ」【木曜22時よりフジテレビ系】#黄昏流星群

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「熟女」とは、単に肉体的に熟した妙齢の女性を意味するのではない。さまざまな人生経験によって、精神的に「熟した女性」を「熟女」と呼ぶ――!


comics_tasogare_1.jpg


多少いびつで、偏っていたり、悩みを抱えていたりしても、様々な苦労や経験を経て、厚みがあり、味わい深い豊穣な「熟」し方をした女性。
そんな熟した女性と、同じように人生の荒波を超えてきた男。人生の半ばを過ぎた40代以上の男女の恋愛を、リアリティをもって描いてきた弘兼憲史氏の名作『黄昏流星群』が、佐々木蔵之介さん、中山美穂さん・黒木瞳さん他、豪華なキャストでテレビドラマ化され、フジテレビ系で絶賛放送中です!





コミスンではドラマ化を記念して、ビッグコミックオリジナルで連載23年を迎える漫画『黄昏流星群』に登場する魅力的な《熟女》にスポットライトを当てていきます。


20181206_tasogare_1.jpg


第5回の熟女は、『黄昏流星群』第13巻「六芒星奇譚」のヒロイン、生田ひとみさんをご紹介! 


20181206_tasogare_2.jpg


オカルト雑誌の編集長・秋元は、訪ねてきたミステリー作家の喜多川先生から「妖女伝説」の話を聞きます。


20181206_tasogare_3.jpg


人の肉を喰らい、若さを保つという「食人鬼」。その伝説が千葉県にあるというのです。


20181206_tasogare_4.jpg


喜多川先生は小説のネタにするために、この「妖女」の伝説を調べ上げます。
妖女は黒い衣装を好み、カラスを操り、人肉を食うと40代に若返って永遠を生きる......。
嬉々として語るミステリー作家ですが、それに対してよくある西洋の「ドラキュラ伝説」の日本版だと言い放つ秋元編集長。
オカルト雑誌の編集長なのに、その手のことは信じていないようです。


20181206_tasogare_5.jpg


そんな秋元でしたが、ある日を境に次々と不思議なことが起こり始めます。
カラスが増えて困っている彼は、ベランダに出て、小型望遠鏡を片手にカラスの巣を探していました。


20181206_tasogare_6.jpg


その際、向かいのマンションの引っ越しを目撃。
全身を黒い服で身に包んだ40代くらいの女性と目があってしまいます。
その夜、再びベランダからカラスを巣を覗いていると、なんと......。


20181206_tasogare_7.jpg


あの女性がこちらを......睨むようなきつい目で見ているではないですか。


20181206_tasogare_8.jpg


これは「覗き」と思われても仕方がない。
しかし、彼女はなぜこちらを見ていたのか......不安になる秋元。
別の夜、気になって例の女の部屋を覗いた秋元は、そこで信じられないものを目撃します。
まるで、ヒッチコックの名作サスペンス映画『裏窓』を思わせるシチュエーションですが......。


20181206_tasogare_9.jpg


カラスとともに、その部屋の中にバラバラの人間の体の一部が!


20181206_tasogare_10.jpg


秋元の脳裏に、喜多川の先生から聞いた「妖女伝説」のことが浮かびます。


20181206_tasogare_11.jpg


そのうち、彼女の方から自分に接近してくるのではないかと、恐ろしくなる秋元。


20181206_tasogare_12.jpg


翌朝、ファミレスで食事をしていると、その女性が隣に座ってきました。
「生田ひとみ」と名乗った彼女は、秋元をパーティーに誘います。


20181206_tasogare_13.jpg


恐れていたことが、本当に起こってしまいまい、慌てる秋元。
しかも、妖女の魔力に押されてか、断れなかったのです。
喜多川先生に相談すると、「面白い!! わしも連れて行け」という始末......。
果たして、生田ひとみという女性は本当に伝説の「妖女」なのか。


20181206_tasogare_14.jpg20181206_tasogare_15.jpg


秋元と喜多川先生、ひとみとその友人・ゆかりの男女2名ずつで、「黄昏合コン」といった形で始まったホームパーティーは、意外にも大盛り上がりを見せます。


20181206_tasogare_16.jpg


実はひとみは服飾関係のデザイナーで、ベランダから見えたのは仕事に使うマネキン人形だったというんです。


20181206_tasogare_17.jpg

ひとみが「妖女」であるという、秋元の壮大な勘違いに女性陣は大笑い。
カラスが集まっていたのも、ベランダに生ゴミを置いていたから......。
「幽霊の正体見たり枯れ尾花......」原因がわかればなんとはないことでした。
一見、何を考えているかわからないようなところもあり、怖そうにも見えるひとみと、思い込みが激しく、ボーッとしたところもある秋元。
そのクセのある性格ゆえか、孤独を抱えて生きてきた二人でしたが......。


20181206_tasogare_18.jpg


勘違いから始まり、燃え上がる恋もある......。ベランダごしに見つめ合ってきた二人が、分かり合うには時間はかかりませんでした。


20181206_tasogare_19.jpg


「妖女」だと思っていたひとみと秋元は愛し合い、結ばれました。
めでたしめでたし。どっとはらい。


......って、もちろん稀代のストーリーテラーである弘兼憲史氏がこのまま終わらせるはずがありませんよね。


20181206_tasogare_20.jpg


このあと、物語は二転三転し、読者は驚愕のエンディングを目の当たりにすることになります。


20181206_tasogare_21.jpg


『黄昏流星群』の中でも、伝奇ミステリーの屈指の傑作である本編を、ぜひぜひお読み下さい。


《熟女プロファイル⑤》

退屈から抜け出し、自分を変えようと行動した「妖女」・生田ひとみ


20181206_tasogare_22.jpg


本作のヒロインの一人、生田ひとみは、退屈な毎日を変えよう思い、引っ越しを企てます。


20181206_tasogare_23.jpg


引っ越した先のマンションの向かいのベランダにいる、望遠鏡を手にした奇妙な男......。
ひとみの方も秋元のことを「変な奴」だと思っていました。


20181206_tasogare_24.jpg


向かいのマンションにいる「覗き魔」......。でも、その顔には、どこか心惹かれるものがありました。


20181206_tasogare_25.jpg


「おはようございます」
自分を変えたい......ドキドキしながら、気になる男に自分から声をかけたひとみ。
何気ない「一言」が、退屈で孤独な日々の中にいた彼女の運命を変えていくことになります。


この「六芒星奇譚」というエピソードは、一度目は純粋にホラー・ミステリーとして、ドキドキしながら、楽しみながら読むことができると思います。
そして、その結末を知った上で、二度目にお読みになる時には、淋しさを抱えながらも個性的に生きる、クセのある男女の、勘違いから始まる愛の物語としても楽しむことができると思います。
それと......詳しく言えませんが、本作に登場する「もう片方のカップル」の奇妙な愛の形にもご注目ください。


comics_tasogare_13.jpg

『黄昏流星群』第13集


現在放送中のテレビドラマでは、漫画版とは新たな解釈によって、もう一つの『黄昏流星群』を楽しむことができるそうです。ぜひ漫画版をお読みになって、見比べてみてはいかがでしょうか!?


それでは、第6回でも魅力的な「熟女」をご紹介します! 


(文・山科清春)

【2018/12/ 6】

この記事もおすすめ

記事ランキング

記事ランキング

記事ランキング