• TOP > > 祝『ゴルゴ13』連載50周年!【毎週一冊『ゴルゴ13』】このゴルゴがすごい!【第7回】第7巻「AT PIN-HOLE!(アット ピン ホール)」

祝『ゴルゴ13』連載50周年!【毎週一冊『ゴルゴ13』】このゴルゴがすごい!【第7回】第7巻「AT PIN-HOLE!(アット ピン ホール)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

『ゴルゴ13』は1968年に連載が始まって今年で50年! 半世紀にわたって愛され続けているスーパーキャラクターですが、でも「こんなに長く続いていると、最初から読むのは大変そう」と思って、まだ読んでいない方も中にはいらっしゃるかもしれません。


でも、ご心配は無用です! 
『ゴルゴ13』は、それぞれが独立した作品となっていますので、どの巻から読み始めていただいても楽しめるようになっています!


というわけで、長きにわたって愛されている『ゴルゴ13』の魅力、「ここがすごい!」という名エピソード・名ゼリフを通じてご紹介していくこの企画!
第7回目は『ゴルゴ13』第7巻「AT PIN-HOLE!(アット ピン ホール)」よりお送りします!



comics_golgo13_7.jpg

SPコミックス『ゴルゴ13』第7巻「AT PIN-HOLE!(アット ピン ホール)」





この巻では、返還直前の沖縄を舞台に、レーダー妨害システムをめぐる米ソの諜報合戦を描く「Dr.V・ワルター」や、謎のダイヤモンド密輸団体が雇った凄腕の暗殺者・クリューガー3兄弟との戦いを描く「ダイヤモンド保安機構」、すべてに飽きた大富豪命をかけたゲームにゴルゴを利用する「番号預金口座」と、バラエティに富んだ大作が揃っています。


その中から、今回ご紹介したいエピソードは表題作「AT PIN-HOLE!(アット ピン ホール)」!
ハイジャック事件が勃発し、文字通り「針の穴」を通すような狙撃を依頼されるゴルゴ。しかし、ゴルゴはなかなかやってこない。ゴルゴはまだか! まだ来ないのか! ......という「焦らされ型」エピソードの傑作です!


20180624_golgo_1.jpg


まるで、ポスターのような扉ページですが、ここに描かれた旅客機が示すように、事件の舞台は空港、そして旅客機の中!


20180624_golgo_2.jpg


エル・パソ空港に向かう航空機が、拳銃を持った男にハイジャックされます! 
男の要求は「キューバへの亡命」


20180624_golgo_3.jpg


CIAでは、乗客・乗組員を危険にさらす犯人を狙撃できる人物はいないかと、協議が始まります。
針の穴を通すような完璧な狙撃者......ゴルゴ13なら可能かもしれない......。
CIAは折よく、現在FBIに捕まり、尋問を受けていたゴルゴを釈放させ、ハイジャック犯人の射殺を依頼します。


20180624_golgo_4.jpg


FBIから解放されるゴルゴ。終始、黙秘を通したゴルゴに
「ひとことくらい何か、しゃべっていったらどうだ?」と言うFBIの捜査官。
 ここでゴルゴが放った「ひとこと」がふるっています。
「犬も歩けば......棒にあたる......」
なぜか、日本のことわざを残して去るゴルゴ。これは、深い!
一方、機内では、ダイナマイトを体に巻き付けたハイジャック犯が、15分以内の離陸を要求!


20180624_golgo_5.jpg


現場では、あの手この手でゴルゴ到着まで時間を稼ごうと必至です。
しかし、肝心のゴルゴは、現場に急行したりはしません。
なぜか、「ビリーの店」という酒場へ。


20180624_golgo_6.jpg


そこでウイラードという男を訪ねますが、用心棒たちのアメリカン・ジョークにつきあわされてしまいます。
「ゴルゴ13!?」「バットマンと撃ち合いでもしそうな名前だな」
こんな無駄口を叩いている暇はありませんが......ゴルゴvsバットマン! ......ぜひ、見たい対決です! 
「それをいうならキンボール・キニスンだろう。あいつなら宇宙をとびまわっている! そのうちゴルゴサウルスに出くわすに違いないぜ」
キンボール・キニスンは「レンズマン」......SFファンならご存知のE・Eスミスの名作日本でもアニメ化されたスペースオペラの主人公の名前です。ちなみに「ゴルゴサウルス」は1914年に発見・命名された実在した肉食恐竜。
この用心棒、意外とSFオタクで、恐竜博士です。
それにしても、ゴルゴVSvsバットマンに、レンズマンにゴルゴサウルスという「夢の対決」、ちょっと、想像力が逞しすぎやしないでしょうか。


20180624_golgo_7.jpg


と、そんなことをしている間にも、機内では負傷者が出て大変なことになっています。
ゴルゴ、早く!


20180624_golgo_8.jpg


ウィラードに地下室に案内されたゴルゴは、1人の技術者と会います。
以後も登場する武器職人デイブ・マッカートニーです。


20180624_golgo_9.jpg


今回の依頼用の銃の制作に3日くれというデイブに対して、「3時間以内につくるんだ!」という無茶ぶりをするゴルゴ。でも、それでも3時間......


20180624_golgo_10.jpg


FBIは時間稼ぎに旅客機のタイヤをパンクさせますが、それがハイジャック犯の怒りに油を注ぎます。ゴルゴはまだでしょうか?


20180624_golgo_11.jpg


そう......武器が出来るまでに、3時間かかるのでした


20180624_golgo_12.jpg


3時間後、デイブによってカスタマイズされた銃を持って、ハイジャック現場に向かうゴルゴ。果たして間に合うのか! そして、ピンポイントの狙撃は成功するのか!?
ぜひお読みください!


【今回のプロ&ダンディーな名言】

「ナマリ玉をぶちこまれた時のショックは品物によって、それぞれちがうものだが......思いもよらないものに.........撃ちこまされた時は......いやなものだ......」
(『番号預金口座(コント・ヌメロテ)』より)


20180624_golgo_13.jpg


退屈を持て余し、人生に飽きた大富豪、トルヒーヨII世は、スリルを求めて自分の命をかけた「ゲーム」を企てる。
世界最高の殺し屋に自分を狙わせ、生き残れるか、狙撃されるか......。そして、その狙撃を依頼されたのが殺しのプロフェッショナル、ゴルゴだった。
自分の精巧な人形をゴルゴに狙撃させ、「勝った」と喜ぶトルヒーヨII世ですが......それが人形であることは、ゴルゴにはもちろんお見通......。
甘っちょろいボンボンのつまらない遊びに、自らのプロフェッショナルとしての仕事を利用されたゴルゴ。嫌悪感や怒りがにじむセリフです。
もちろん、ゴルゴの銃口は、敵が逃げ去るヘリに向かうことになります......。

次回は、第8巻「マニトバ」より、お届けします!


(文・山科清春)


【2018/06/25】

この記事もおすすめ

記事ランキング

記事ランキング

記事ランキング