• TOP > > ゆうきまさみから「さやうなら」 一般公開時になかった幻のラクガキ! #小学館ラクガキ

ゆうきまさみから「さやうなら」 一般公開時になかった幻のラクガキ! #小学館ラクガキ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

[ラクガキ大会レポート その13]

 

一般公開時には「まだなかった」ラクガキ

 

実は、小学館ラクガキ大会の一般公開時に「まだなかった」ラクガキがあります。

ゆうきまさみ先生が描いたラストラクガキ、担当編集者がレポートします!!

 

8月9日の1回目のラクガキ大会に参加された、ゆうきまさみ先生。

「2回目に描かれたラクガキが見たい!」とのことで、一般公開日に小学館を訪れました。ゆうき先生の担当編集は一般公開の運営スタッフでして、「ネームを上げたら行ってもいいでしょ?」と次週のネームを必死に完成させ、8月25日21時の一般公開終了ギリギリに現れたゆうき先生。

  L_1

地下のラクガキを見て嬉しそうなゆうき先生!

  このラクガキ大会の一般公開。2日間で8000人以上もの方々にご入場いただいたのですが、ケガ人も迷子もゼロで「奇跡のようだ」と言われました。また運営本部にも「誘導スタッフがすばらしい!」というお褒めのメッセージが多々寄せられました。 この誘導スタッフはアルバイトさん達だったのですが、一般公開の2日間が無事に終了できたのは、彼ら、彼女達の笑顔のおかげ!だと思っています。なので、彼らに何か御礼をしたくて、ゆうき先生に「みんなの前でラクガキしません?」とこっそりご相談しました。 ...というわけで、一般公開時に誘導スタッフにご披露したラクガキ、みなさんにもお見せしますね!   L1_2

ゆうき先生、ラクガキ中。みんな息を飲んで見てます!

   

まずは、小学館の週刊連載デビュー作『究極超人あ~る』から、R・田中一郎を!

L_2 

その右側に描いたのは、新連載『白暮のクロニクル』の新米公務員・伏木あかり。

この日はまさしく、新連載の「スピリッツ」掲載前夜でした!

L_3     L_4

「おはずかしい」とつぶやいているのは、ゆうき先生本人!

  L_5  

そして完成したのが、こちらのラクガキです。一般公開時の地下出口、扉の内側に描かれました。

このラクガキも含む「小学館ラクガキ大会」の全写真ギャラリー(www.shogakukan.co.jp/rakugaki/)、ぜひご覧ください。

 

 

今回のラクガキ大会が盛り上がったのは、漫画家さんから一般の方々までが一緒に楽しんでくださったおかげです。ぜひ、また一緒に楽しいことしましょう! みなさん、それまでしばらくさやうなら~~!!

 

 

(ラクガキ大会の運営スタッフ/スピリッツ編集部:山内菜緒子)

【2013/10/15】

この記事もおすすめ

記事ランキング

記事ランキング

記事ランキング